口腔機能修復学

インプラント・義歯補綴学分野

機能的・審美的に患者さんの生活の質を向上させること。
それが補綴の存在意義。

補綴(ほてつ)とは、虫歯・歯周病・外傷・口腔悪性腫瘍などで、歯やあごの骨が欠けたりなくなったりした部分をクラウン(冠)、ブリッジ、義歯(入れ歯)、インプラントなどの補綴装置で補う治療のことです。これらの補綴装置を用いて、咬合(歯と歯の咬み合わせ)や咀嚼(噛み砕くこと)の機能回復や、審美性の改善を行うとともに患者さんのQOL(生活の質)を向上することを目的とします。

補綴治療は、補綴装置の作製・調整・装着だけでなく、治療開始時に行う治療計画の立案から、治療方針の決定に関与することから、幅広い知識・技術が必要とされます。

当分野の特徴として、補綴学はもちろんのこと、顎関節や顎機能、デジタル歯科、再生医療、スポーツ歯科まで幅広く学ぶことができ、科学的根拠に基づいた知識・技術の習得をすることができます。また、科学的根拠の構築のため基礎・臨床研究を行っています。

 インプラント・義歯補綴学分野素材

メンバーMEMBER

教授/古谷野 潔

教授/古谷野 潔

教授
古谷野 潔
准教授
松下 恭之
准教授
鮎川 保則
講師
熱田 生
診療講師
木原 優文
助教
森山 泰子
助教
江崎 大輔
助教
古橋 明大
助教
安波 礼之
助教
大木 郷資

学生へのメッセージ

超高齢社会の我が国では、健康寿命の延伸が健康科学の重要課題とされています。
 我々は口腔機能を改善することにより、一人一人の口の健康を維持・増進し、全身の健康の維持・増進に寄与すると考えています。
 当分野では、国民一人一人の健康の維持・増進に寄与できる歯科医師や歯学研究者を育成していくよう努めています。この理念に基づく教育、研究、診療活動をさらに発展させ、健康寿命の延伸に貢献することを目指して行きます。

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生