• ホームホーム
  • ENGLISHENGLISH

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
  • 総合情報総合情報
  • 学生向け情報学生向け情報
  • プロジェクト情報プロジェクト情報
  • 歯学部施設ギャラリー歯学部施設ギャラリー
  • 新着情報新着情報
Kyushu University Faculty of Dental Science

  • 研究院長挨拶研究院長挨拶
  • 沿革沿革
  • 組織図(各分野研究一覧)組織図(各分野研究一覧)
  • 組織図組織図
  • 組織図チャート組織図チャート
  • 教育研究上の目的教育研究上の目的
  • 交通アクセス交通アクセス
  • 臨床教育研修センター臨床教育研修センター

組織図

口腔保健開発学講座 (連携講座) 口腔保健開発技法学
  • 研究分野概要
  • 教員等・氏名
  • 教育内容
  • 研究内容

研究分野概要

本講座は、九州大学歯学府大学院、国立保健医療科学院およびライオン株式会社の3者で運営する連携講座である。現在、社会人の大学院生を対象に教育・研究を行っている。それぞれ3者が得意とする分野を融合することで、口腔疾患の予防や保健に_がる技法を開発することを目指す。具体的には、九大の保有する幅広い研究蓄積、国立保健医療科学院が得意とする地域口腔保健の進め方、ライオン株式会社が得意とする予防剤の開発技術により、科学的根拠に基づいて研究成果を保健・予防ニーズに合わせた技術移転をはかることを目標としている。

教員等の職・氏名

教 授 柴崎 顕一郎(ライオン株式会社、ヘルスケア事業本部、オーラルケア事業本部長)
三浦 宏子(国立保健医療科学院、口腔保健部、部長)
准教授 内山 章(ライオン株式会社、研究開発本部、企画管理部、副主席部員)
大学院

※この名簿には対応する診療科の要員等も含む

教育内容

本講座では下記の二つの観点から教育を行っている。

1) 地域口腔保健の進め方

口腔疾患は地域格差や性差が認められる疾患であり、地域における口腔疾患および口腔機能の動向を常にモニタリングする必要がある。本講座では、WHOの口腔診査法、厚生労働省の歯科疾患実態調査における口腔診査法についての検討を行っている。また、口腔疾患の多くは微生物感染によって引き起こされるので、患者情報だけでなく、病原体の情報も必要である。本講座では、唾液検査法の開発を行い、唾液中のミュータンスレンサ球菌量、歯周病菌量ならびに生化学マーカーの基準値設定に関する研究を行っている。「健康保険法等の一部を改正する法律」において、平成20年度からは、各医療保険者が、40歳以上の被保険者・被扶養者を対象とした特定健診・特定保健指導を実施することが義務づけられた。これは、医療制度改革の一環として位置づけられている。このなかで歯科保健は、「標準的な健診・保健指導プログラム」の「学習教材」に他の指導用教材とともに提示されることになった。これまで、生活習慣病対策における歯科保健の重要性については、健康日本21や健康増進法のなかで示されてきたが、その社会的な認知度はまだ十分ではない。そのため「生活習慣病と歯の健康」について現時点での文献的整理を行い、各医療保険者や地方行政担当者に対する学習方略を研究している。

2) 口腔ケア製品の機能や材料についての科学的理解と新技術の口腔ケア製品への移転

歯磨剤やハブラシなどの口腔ケア製品は毎日の生活習慣として使用され、う蝕、歯周病などの口腔疾患の予防や歯石、口臭あるいはステイン(歯面への色素沈着)などの抑制に大きな役割を果している。しかし、歯学研究・教育においては、あまり科学的視点からは取り込まれていない。本講座の狙いは、そのような口腔ケア製品の機能、使用法およびその原材料などについて科学的に理解することであり、合わせて同製品の開発に先端技術の応用がどのように織り込まれてきたかを理解することである。その上で、これからの歯科分野において新しい技術の発見を口腔ケアの製品化に結びつけることが重要な課題であることを認識し、今後の口腔保健の推進や研究開発に貢献する。

3) 口腔診断評価技術

予防やリスク判定にあたって口腔診断評価技術は不可欠である。EBMに基づいた評価技術の構築にあたっての研究のすすめ方や課題などについて調査・研究を行う。

研究内容

1.地域口腔保健の進め方

  • 地域における口腔疾患および口腔機能の動向調査
  • 地域における口腔微生物感染の動向調査
  • 地域における歯科医療の経済効率に関する研究
  • 歯科医療における技術効率に関する研究
  • 口腔保健と全身的な健康状態との関連性

2) 口腔ケアと口腔の疾患・不具合・不快などの予防

  • 歯磨剤およびハブラシの科学
  • う蝕予防およびフッ化物の作用メカニズムとその予防効果
  • 歯周病・口臭予防
  • 歯石形成のメカニズムと予防技術
  • ステイン形成のメカニズムと予防技術
  • 象牙質知覚過敏の発症メカニズムと緩和技術
  • バイオフィルムの形成メカニズムとコントロール技術

3) 口腔診断評価技術

  • 唾液検査の方法と臨床応用への課題
  • 初期う蝕の診断技術の現状と将来課題

最終更新日(06.09.22)

※このページの内容に関する責任と著作権は口腔保健開発学講座 口腔保健開発技法学にあります。
※当ホームページへのリンクは自由ですが、それによって生じる事態の責任は負いません。

ページのトップへページのトップへ
サイトマップを閉じる