• ホームホーム
  • ENGLISHENGLISH

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
  • 総合情報総合情報
  • OBT研究センターOBT研究センター
  • 1分野1自慢1分野1自慢
  • 学生向け情報学生向け情報
  • プロジェクト情報プロジェクト情報
  • 歯学部施設ギャラリー歯学部施設ギャラリー
Kyushu University Faculty of Dental Science

  • 趣旨・目的趣旨・目的
  • 組織形態組織形態
  • 研究ユニット研究ユニット
  • 期待される効果期待される効果
  • 今後3年間の目標今後3年間の目標

OBT研究センター

OBT研究センター

趣旨・目的

OBT研究センター

医学が「生命の医学」と言われるのに対して、歯学は「生活の医学」と言われ、国民が高いQOLを維持しながら、健康寿命の延伸を享受するために歯学の貢献が強く望まれている。そんな中、歯学研究院ではミッションの再定義で健康科学に貢献する馬出キャンパスの特徴を生かして「多職種間連携教育・研究により次世代を担うグローバル人材を育成し、先進的な基礎研究に裏打ちされた先進医療の研究開発と医療を推進する」と謳っている。

口腔機能(oral health)の異常や破綻と脳機能(brain health)との関連は長く言われている。高齢者の歯の喪失や歯周病などに起因する口腔機能や口腔健康状態の低下がアルツハイマー型認知症の増悪因子になる可能性が示唆されている。しかし、現象論的に論じられることが多く、メカニズムにまで切り込んだ研究は少ない。しかし、九大では歯周炎に起因してサイトカインを介して脳の炎症に繋いでいることを報告した。また、高齢者の咀嚼・嚥下機能の低下による脳血流量低下、低栄養あるいは誤嚥性肺炎は脳機能を含む全身の健康(total health)を悪化させている。また、口腔センサー(味覚、口腔粘膜や歯根膜による圧覚、痛覚、温覚など)からの入力は脳を活性化し、全身の健康にも役立つ。

高齢者にとって口から美味しく食べることはQOLの維持や健康寿命延伸に不可欠であり、咀嚼・嚥下による口からの摂食ならびに味覚を通じた食健全化は重要である。また、咀嚼機能は、脳のリハビリテーション効果、メタボ予防効果ならびに認知症予防効果にも及ぶことが明らかとなってきている。これらのことから「健康長寿の秘訣は健全な口腔機能・口腔健康にある」というコンセプトに基づき、歯学研究院の得意をさらに高めることで、これらの問題に正面から取り組む。国民のQOL向上、健康寿命延伸に対する戦略を打ち出すことは歯学研究院の社会的役割を考慮したミッションである。そこで、口腔機能(Oral health)→ 脳機能(Brain health)→ 全身の健康(Total health)を包括的にサイエンスするセンター(OBT研究センターと略称)を設置する。

ページのトップへページのトップへ

組織形態

OBT研究センターでは新しいコンセプトに基づく戦略的研究組織を構築するために、以下の点を考慮した。

  • 保健学関連分野の准教授や助教クラスでは、この10年間で研究に割く時間が大幅に減少し、一方で、教育dutyの微増とともに診療活動などの社会サービスに割く時間が大幅に増えている。
  • 各研究分野では教授をトップとするヒエラルキーが依然として存在し、教授の意向に沿って研究を遂行してインパクトある学術論文の第一著者であり、研究費の獲得状況も良好ではあるものの、独立した時にクエスチョンのつく例がある。
  • 人材のダイバーシティーにより、組織・体制を活性化する。具体的には、外国人教員の確保、女性教員・研究者の登用、外国人留学生の確保、国際共同研究の推進などに積極的に取り組む。

そこで、研究院でキラリと光る若手・中堅層を、分野ヒエラルキーから抜き出し、自分の器量で研究を推進できるprincipal investigator(PI)として独立させ、研究に割く時間を増やす。横並びのPIは、互いに協力、切磋琢磨して、歯学研究院附属OBT研究センターとしての研究成果を積み、独り立ちを目指す。OBTセンターのグローバル化、ダイバーシティーに資するため、分野から抜き出すPIには帰化日本人、帰国子女、女性研究者も考慮した。

ページのトップへページのトップへ

研究ユニット

口腔健康とAD型認知症予防(中国から帰化:女性)

「アルツハイマー病の増悪因子としての歯周病」を実証することは歯学における重要な研究課題であり、九大が世界をリードできる研究領域の一つになる。具体的には①主要な歯周病菌であるジンジバリス菌がどのようなルートで脳内に浸潤し、脳炎症を惹起するのかを明らかにする。末梢から脳への炎症シグナル伝達ルートとして「脳髄膜―グリア連関」を発見しており、これを切り口に取り組む。次に、②脳に浸潤したジンジバリス菌による脳炎症のアルツハイマー分子病態ならびに認知障害に及ぼす影響について性別や年齢を区別しながらアルツハイマー病モデルマウスを用いて解析する。

口腔内フローラと脳・全身健康

人は常時大量の口腔常在微生物を唾液とともに飲み込んでおり、特に誤嚥等をおこしやすい高齢者では健康に大きな影響を及ぼす。しかしながら口腔粘膜に常在する微生物群集についての知見はほとんどない。本研究では微生物DNA解析により地域在住および施設入所高齢者を対象とした舌苔微生物叢構成の大規模調査を行う。高齢者の舌苔の病原性評価を行ううえで基盤となる微生物叢データを構築するとともに、様々なオミクス手法を駆使して、全身健康を脅かす病原因子の解明を目指す。

口腔・腸センサーでメタボ予防

『食の乱れ』は『メタボリックシンドローム(メタボ)』に繋がり、それが更なる『食の乱れ』を引き起こす。このような負のサイクルを断ち切るため、『食の健全化』を推し進めることは非常に重要である。口腔のみならず腸管においても機能する『味覚センサー』は、食物の摂取や栄養物の吸収に大きな影響を持っており、そのシステムの全容を明らかとすることで『食の健全化』、ひいては『健康長寿』へと導く新たな道筋を切り開く。

廃棄物の原料化による産学連携イノベーション(帰国子女:女性)

骨基質タンパク質であるオステオカルシン(OC)は、全身のエネルギー代謝を活性化することが明らかにされ、注目を集めている。OCは49個のアミノ酸で構成されるため、その大量合成は高価かつ困難である。そこで、OCを大量に含む豚骨(スープ等を抽出した後の廃棄物)を原料としてOCを抽出し、メタボリックシンドロームに対する予防・治療効果を検討する。ヒト向けサプリメントの開発を視野に入れて実用化を目指し、ひいては健康寿命の伸延と廃棄物の原料化による有効利用の実現を目指す。

唾液腺異常の制御による全身健康の維持

多くの唾液腺疾患(シェーグレン症候群やIgG4関連唾液腺炎など)は、唾液分泌を障害して様々な口腔粘膜疾患や齲蝕の増加などを引き起こすとともに、摂食嚥下障害により高齢者の死因第3位である誤嚥性肺炎にも繋がる。しかし、その治療法としては唾液分泌促進薬などの対症療法しかなく、根治的な治療法は存在しない。そこで、それらの唾液腺疾患における唾液腺障害のメカニズムを解明することにより、新たな標的分子治療法の確立を目指す。

歯根膜再生による咀嚼機能回復に基づく健康長寿(女性)

歯根膜は、歯の植立維持および咬合圧感覚受容において主要な役割を有し、咀嚼機能の維持に必須の組織である。歯根膜が重度の齲蝕や歯周病、外傷によって不可逆性のダメージを受けた場合、これを再生する効果的な治療法はいまだ確立されておらず、抜歯が適応されることになる。この歯の喪失による咀嚼機能の低下は、脳の認知領域の退行性変化を惹起することが示唆されている。そこで、幹細胞を用いた新規歯根膜再生療法を確立することで咀嚼機能の回復を図り、健康長寿の増進を目指す。

研究ユニットの責任者(PI)
  • 武 洲
准教授
  • 竹下 徹
准教授
  • 吉田 竜介
講師
  • 森山 雅文
助教
  • 溝上 顕子
助教
  • 濱野 さゆり
助教
ページのトップへページのトップへ

期待される効果

学術的効果
  • OBT研究センターにおけるPI同士の横並びの協力かつ切磋琢磨した研究は、互いを高めあって卓越した研究成果が期待
  • 「口腔ブレインサイエンス」という非常にユニークな学術体系を創出することで歯学研究院の強みを活かして優位
  • 若手・中堅研究者の独り立ち支援
  • 全国規模で策定されている、「マスタープラン2017」「先端歯学白眉集団」に九大から若手・中堅研究者を輩出
  • 馬出キャンパスの特性を生かした共同研究を推進
社会的効果
  • 高齢者歯学・全身管理歯学との連携によって、国民が求める歯学研究と歯科医療の実践
  • 歯周病とアルツハイマー病の関係を明らかにして、歯周病治療によるアルツハイマー病予防を確立
  • 地方創生の流れにのった医療イノベーションが実現
  • 高齢者のQOL向上と健康寿命延伸のために有効な指針や情報を発信することが期待できる。
ページのトップへページのトップへ

今後3年間の目標

年度 OBT研究センター
平成27年度
  • OBTの趣旨に合う学内のキラリと光る若手研究者の選考
  • PIとして独立
平成28年度
  • OBTセンターのキックオフシンポジウム
  • 研究院長裁量経費からPIにインセンティブ経費
  • センターを活用して、競争的資金の獲得に向けた申請(自立的なPIとして挑戦的な研究を継続的・安定的に遂行できるよう、メリハリのきいた研究費配分の仕組みへの申請)
平成29年度
  • 研究院長裁量経費からPIにインセンティブ経費
  • 福岡地場の産業と共同して健康補助食品などの開発から発売へ
平成30年度
  • OBTセンターシンポジウム
  • 研究院長裁量経費からPIにインセンティブ経費
  • O → B → T 連関の確立と口腔健康の重要性に関して社会への積極的な情報発信
ページのトップへページのトップへ
サイトマップを閉じる