• ホームホーム
  • ENGLISHENGLISH

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
  • 総合情報総合情報
  • OBT研究センターOBT研究センター
  • 1分野1自慢1分野1自慢
  • 学生向け情報学生向け情報
  • プロジェクト情報プロジェクト情報
  • 歯学部施設ギャラリー歯学部施設ギャラリー
Kyushu University Faculty of Dental Science

  • 1分野1自慢とは?1分野1自慢とは?
  • 口腔常態制御学講座口腔常態制御学講座
  • 口腔保健推進学講座口腔保健推進学講座
  • 口腔機能修復学講座口腔機能修復学講座
  • 口腔顎顔面病態学講座口腔顎顔面病態学講座
  • 総合歯科学講座総合歯科学講座

口腔機能修復学講座

  • 生体材料学分野生体材料学分野
  • 先端融合学分野先端融合学分野
  • 口腔生体機能工学分野口腔生体機能工学分野
  • 歯科保存学分野歯科保存学分野
  • 歯周病学分野歯周病学分野

生体材料学分野

分野責任者:石川 邦夫 教授

うちの自慢
  • 世界発の炭酸アパタイト骨置換材の開発研究
研究内容
九州大学が開発した炭酸アパタイトは骨に置換される新しい材料です。
  • 骨の炭酸アパタイトは焼結で熱分解されるため、骨補填材には水酸アパタイトが用いられる。我々は新規に炭酸アパタイト調製法を開発し、水酸アパタイトをはるかに超える骨伝導性と骨置換を得て、薬事法改正後歯科で初の治験を進めている。
ページのトップへページのトップへ

先端融合学分野

分野責任者:中川 雅晴 准教授

うちの自慢
  • 虫歯予防に用いられるフッ素によるチタンの腐食と高耐食性チタン合金の開発で世界をリード
研究内容
骨と強い結合をするインプラントの表面処理法開発と低濃度フッ素によるチタンインプラントの腐食の研究を行っています。
  • 虫歯予防に用いられるフッ素によって、チタン製のインプラントは腐食する場合がある。チタンインプラントの腐食は脱落や破折の原因となるため、フッ素で腐食しない高耐食性チタン合金の開発を行っている。
ページのトップへページのトップへ

口腔生体機能工学分野

分野責任者:松下 恭之 准教授

うちの自慢
  • デンタルインプラントの生体工学研究で我が国をリード
研究内容
  • デンタルインプラントのSEM観察,数値解析や模型を用いたシミュレーション,実験工学的研究などを工学研究院とも連携して展開し、インプラントデザインの改善や臨床への至適な適用方法の提言を行っている。
ページのトップへページのトップへ

歯科保存学分野

分野責任者:前田 英史 教授

うちの自慢
  • 歯の保存と再生の研究で世界をリード
研究内容
歯や歯周組織を再生させる!!先進的治療で歯をできるだけ保存する!!
  • 歯根の維持に重要な組織(歯根膜)中に僅かに存在する幹細胞の不死化に世界で初めて成功し、これを用いて、重度の虫歯などで喪失した歯根膜の再生を図り、歯の長期保存を目指した再生医学の研究を推進している。
ページのトップへページのトップへ

歯周病学分野

分野責任者:西村 英紀 教授

うちの自慢
  • 歯周医学のフロントランナー
研究内容
歯周病は全身の病気にも影響を与えているんだよ。
  • 歯周病学分野は歯周医学研究、とりわけ歯周病と糖尿病の相互作用の解明研究において卓越した研究実績を誇るとともに、世界で初めてアメロジェニン結合蛋白の同定に成功するなど、分子歯周病学研究を牽引している。
ページのトップへページのトップへ

クラウンブリッジ補綴学分野

分野責任者:牧平 清超 准教授

うちの自慢
  • インプラント周囲炎の病態解明
研究内容
あなたにもできる!両親に入れ歯のプレゼント。恋人に審美の歯のプレゼント。
  • インプラント周囲炎動物モデルを作製し、インプラント周囲の炎症と歯槽骨吸収メカニズムについて歯周炎と比較検討している。さらに材料学的な見地からも病態解明に取り組んでいる。
ページのトップへページのトップへ

インプラント・義歯補綴学分野

分野責任者:古谷野 潔 教授

うちの自慢
  • 生体反応を基盤とした欠損補綴治療の開発で世界をリード
研究内容
かめない!歯がない!でも食べたい!そんな希望を叶えます。
  • インプラントと周囲組織の反応,咀嚼やブラキシズムなどの力に対する生体反応,補綴治療の顎口腔機能への影響,補綴装置を支える顎骨の再生など,生体反応を基盤とした欠損補綴治療の改善と開発を行っている。
ページのトップへページのトップへ
サイトマップを閉じる