• ホームホーム
  • ENGLISHENGLISH

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
  • 総合情報総合情報
  • OBT研究センターOBT研究センター
  • 1分野1自慢1分野1自慢
  • 学生向け情報学生向け情報
  • プロジェクト情報プロジェクト情報
  • 歯学部施設ギャラリー歯学部施設ギャラリー
Kyushu University Faculty of Dental Science

  • 新着情報新着情報

新着情報

タイトル

【研究】乳歯幹細胞で肝臓治療(九大グループ)

読売新聞(1月8日付朝刊)に「乳歯幹細胞で肝臓治療」と題して研究が紹介されました。

山座孝義講師(歯学研究院・分子口腔解剖学)と田口智章教授(医学研究院・小児外科学)らの研究グループは、抜けた乳歯から様々な細胞に分化する幹細胞 を取り出し、先天性の肝臓疾患の治療などに応用する研究を本格化させる。2014 年度にミニブタを使い、乳歯幹細胞から作製した肝臓細胞を移植する試験を始める。研究グループは「捨てられる乳歯なので倫理面の問題がなく安全性も高い。将来的に人への治療につなげたい」としている。

 

YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140108-OYT8T00736.htm



作成日 : 2014-01-08

一覧ページへ
ページのトップへページのトップへ
サイトマップを閉じる