口腔常態制御学

歯科医学教育学分野

生涯学び続ける「アクティブラーナー」、研究・臨床・教育のリーダーを養成するため、課題解決型の教育を展開します。

九州大学歯学部では、生涯にわたって能動的に学習し続けるアクティブラーナー、および歯科医学界のリーダーとしてグローバルに活躍する歯科医師・研究者を輩出するために、歯科医学の専門科目に加えて、工夫を凝らした授業を提供しています。

2年次には、社会情勢に即した歯科関連のテーマについて問題解決型学習(Problem-Based Learning, PBL)を行い、2~6年次には、それまでに学んだすべての知識を総括し理解を深めるためのチーム基盤型学習(Team-Based Learning, TBL)を行っています。「統合型授業」を通じて、断片的な知識の統合を図るとともに、医療プロフェッショナルに求められる、能動的な学習態度および医療チームにおける多職種連携(協働)の心得を身につけてもらいます。
 また、1年次から5年次まで、専門科目である「歯学英語」と基幹教育科目である「学術英語」を担当し、世界で活躍するグローバル人材の育成を目指しています。

歯科医学教育学分野素材

メンバーMEMBER

教授/築山 能大

教授/築山 能大

教授
築山 能大

学生へのメッセージ

歯科医療は高度化し、患者さんのニーズも多様化しています。そのためには単なる知識だけではなく、情報を統合して問題解決する能力が求められています。受験生の皆さん、九州大学歯学部でアクティブに学び、歯科界のリーダーとしてグローバルに活躍してみませんか!

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生