口腔顎顔面病態学

口腔顎顔面外科学分野

歯科医療にイノベーションを起こします。

私たちの分野では、全てのスタッフが高い向上心と協調性をもって、臨床・教育・研究に対して取り組んでいます。臨床は、口唇口蓋裂を中心とした口腔先天異常、顎変形症、口腔悪性腫瘍、歯科インプラントおよび再生技術を用いた口腔顎顔面再建、顎顔面外傷などの外科的治療、顎関節疾患、口腔粘膜疾患、末梢神経障害等に力を入れており、現代の医療ニーズに沿った診療を心がけるとともに、研究成果を発展させて新しい治療法、材料の開発を進めるトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)を行っています。口腔外科手術ナビゲーターなどは実用化が望める段階にあり、こうした取り組みは常に新しい治療法や検査・評価法などを指向する当分野のスタイルを表現していると言えます。
 また、臨床での疑問や要求に答える修練として臨床研究を推進し、自ら考えて問題解決ができる次世代のリーダーの育成を目指しています。
 研究は、多様性を維持しつつ臨床分野として社会に貢献する研究テーマを追求しており、バライティに富んだ研究が進められています。当分野では、歯科医療にイノベーションを起すべく日々活動しています。 新しい発想と柔軟な思考を持った若い方々を歓迎いたします。

口腔顎顔面外科学分野素材

メンバーMEMBER

教授/森 悦秀

教授/森 悦秀

教授
森 悦秀
准教授
山田 朋弘
講師
住田 知樹
講師
熊丸 渉
講師
大山 順子
助教
石井 広太郎
助教
杉 友貴
助教
矢内 雄太
助教
杉山 悟郎
助教
今城 育美

学生へのメッセージ

外科領域では、内視鏡手術、ロボット手術などが次々と開発され、イノベーションが起きています。口腔外科は繊細な手技が要求される歯科治療の流れを汲んでいますが、術者を助ける新しい技術はまだ十分ではありません。一方、口腔外科は全身との関わりが強く、全身から口腔を評価し、口腔から全身の健康を保持、増進することが直接的に求められる分野です。今、口腔の専門家として全身の健康に貢献することが社会的に求められています。是非、口腔外科を学び、全身を俯瞰し、歯科に新しいイノベーションを起こす人材になってほしいと願っています。

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生