口腔顎顔面病態学

顎顔面腫瘍制御学分野

人材育成に力を注ぎ、教室の伝統を守り、さらに教室を発展させたいと思っています。

我々の教室は、1922年に九州大学医学部に歯科学講座が開設されたのが始まりで、2022年には100周年を迎えようとしています。九州大学歯学部の楚になった、九州大学歯学部の中で最も伝統がある教室です。

当分野は、歯のみでなく、口腔、顎骨、顔面領域の先天的および後天的疾患に関する教育ならびに研究を行っています。良性・悪性の口腔腫瘍、顎変形、口唇口蓋裂、外傷など観血的手術療法の対象となる疾患、口腔粘膜疾患、あるいは炎症のような薬物治療を主体とする疾患、その他、顎機能障害や神経疾患など対象疾患は 多岐にわたり、医科領域に最も近い領域を専門としています。

口腔顎顔面外科学分野素材

メンバーMEMBER

教授/中村 誠司

教授/中村 誠司

教授
中村 誠司
准教授
川野 真太郎
講師
大部 一成
講師
光安 岳志
診療講師
森山 雅文
助教
梯 裕恵
助教
前原 隆
助教
緒方 謙一
助教
丸瀬 靖之
助教
坂本 泰基

学生へのメッセージ

我々の教室は2022年には開設100周年を迎えようとしている、九州大学歯学研究院の中で最も伝統がある教室です。北原白秋作詞、山田耕筰作曲の教室歌があることが自慢で、その歌詞の中に「新人群れたり」というフレーズがあります。若い世代が日本のみならず、世界に羽ばたいて活躍できるよう、人材育成に最も力を注いでいますので、多くの先生方が入局してくれることを期待しています。
 近年の医歯学の進歩はめざましく、我々の専門領域においても新しい研究方法が次々と既成の病因病態の概念を塗り替えています。若い世代の歯科医師がこの躍動的な時代の中で活躍してくれる環境を作っていくのも当分野の使命と考えています。

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生