口腔顎顔面病態学

口腔医療連携学分野

平時から有事まで、多職種から頼られる口腔医療人の育成を目指します

超高齢化が進むにつれ医療が高度化、複雑化しており、多職種が連携(病病連携/病診連携/病住(住民)連携)して医療の安全・安心を支えていかなくてはならない時代になりました。このような社会ニーズを背景に当分野は2019年、多職種連携医療の充実を最重要課題として開設されました。中でも多職種連携が最も重要になる災害時においても活躍し、「何かあれば、あそこに聞けば安心ね。」というところまで信頼して頂けるような口腔医療人の育成を目指しています。

多職種連携を充実して行うためには多職種横断的な知識と経験が必要になります。つまり、当分野では医学や歯学はもちろん薬学や看護学、栄養学、社会福祉など様々な学問領域に跨る知識を持ち、各領域の方々と緊密なコミュニケーションをとる技術を磨く必要があります。それらの知識と技術を基盤に口腔医療人としての専門性を発揮し、多職種連携医療の臨床および研究に貢献していきます。

当分野の学問は従前より存在していたにも関わらずあまり発展していませんでしたが、最近になり重要性が叫ばれ、急激に進歩を開始し始めた学問領域です。新しい領域を切り拓くため、若い力の参集を願っております。

平成30年度文部科学省の「課題解決型高度医療人材養成プログラム」に熊本大学病院と連携して応募し採択されました。災害時に円滑なチーム医療を提供できる多職種の人材(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士等の医療職や行政担当者等)の育成を目指します。

連携先である熊本大学病院災害医療教育研究センター:
https://kumamoto-dmerc.com/

口腔医療連携学分野素材

メンバーMEMBER

no-img

講師
山添 淳一

学生へのメッセージ

「口腔から全身の健康に貢献する」を念頭に研究、臨床を行います。さらにその先にある患者の生活や居住地域への貢献も見据えた医療の提供を目指します。
 平時には院内連携、病診連携を意識した周術期口腔機能管理や重症有病者歯科治療などを行い、有事には地域医療ニーズに対応したチーム医療を行います。特に、災害急性期には身元確認などを行う法歯学医として活動でき、慢性期以降には歯科保健医療支援を行える歯科医師の養成を目指します。

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生