総合歯科学(協力講座)

総合歯科学

患者が満足する全人的・包括的歯科医療の発展を目指し、臨床、教育、研究を展開します。

「総合診療歯科学分野」では、口の健康から全身の健康維持に貢献することを目標に、生活習慣病や全身疾患に関連した歯科的アプローチや全人的歯科医療に関する研究を幅広く展開しています。具体的には、周術期患者における口腔ケア効果等に関する臨床研究、高齢者のADL向上のための口腔機能改善に関する研究、歯周疾患の成因と歯周病細菌に関する研究ならびに口の中の組織再生を目指した基礎研究を行っています。

診療科である「口腔総合診療科」では、全人的歯科医療・口腔ケアの実践を診療のコンセプトとし、日常的に頻度が高く幅広い領域の歯科治療の提供、および患者の状況に合わせた包括的な歯科医療の提供を行っています。一般総合歯科治療に加えて、医科入院患者の周術期口腔機能管理等の医科歯科連携も当科が主担当科の一つとなって行っています。

また、将来を担う歯科医療人の育成を目標として歯科医師臨床研修の管理・運営・指導を主として担当し、歯科治療技術の修得に留まらず医療人としての姿勢、多職種・地域連携など、生涯研修の第一歩としての教育を行っています。

総合歯科学講座(口腔総合診療科)素材

メンバーMEMBER

教授/和田 尚久

教授/和田 尚久

教授
和田 尚久
講師
寳田 貫
助教
王丸 寛美
助教
伊吹 禎一
助教
原口 晃
助教
神野 哲平
助教
御手洗 裕美
助教
祐田 明香
准助教
稲井 裕子

学生へのメッセージ

超高齢社会を迎えている本邦では、近年歯科医療が多様化し、細分化してきています。その中で総合診療能力を有し、幅広い視野で患者を診ることのできる歯科医師が求められています。当講座では、プライマリケアから先端医療といった幅広い内容をテーマとした臨床、教育、研究を展開しています。論理的思考能力を持った全人的・包括的歯科医療を提供できる若い世代の歯学生や歯科医師の指導、教育に力を入れており、研究と臨床の経験を積みながら、歯学博士や認定医の取得を目指すことを強くサポートします。

九大歯学部Voice

写真

九大歯学部 Voice#04

「研究者として、臨床医として」

歯学顎口腔外科 助教 前原 隆

写真

九大歯学部 Voice#03

「患者さんに寄り添える歯科医師になり、
私にしかできない仕事に携わりたい。」

学生歯学部 2年生

写真

九大歯学部 Voice#02

「歯科医療の未来は明るい」

歯学大学院 4年生